令和6年度第1回2次公開模試のお申込み受付中です!(開催日:4月28日・29日、お申込み締切:4月21日)詳細・お申込み

R04年度事例4(得点 51点)

第1問(配点25点)

(設問1)

(a) (b)
売上高総利益率 59.59%
棚卸資産回転率 33.41回
従業員一人あたり営業利益 467.64万円

(設問2)

従業員一人あたり営業利益が劣っている。要因は①人件費、減価償却費、外注費が過大、②従業員人数が多いことで、粗利益率と在庫回転率高く効率性、収益性高いが生産性低い

第2問(配点20点)

(設問1)

(a) 2,840,000円
(b) 製品A 1時間あたり限界利益1900円
製品B 1時間あたり限界利益1100円

製品A 3800円×1800個-400万円=284万円

(設問2)

(a) 1,640,000円
(b) 製品Aをx、製品Bをyとする

2x+4y≦3600時間 (0,900)、(1800,0)
4x+2y≦6000㎏  (0,3000)、(1500,0)

3800円×1050個+4400円×375個-400万円=164万円

第3問(配点35点)

(設問1)

(a)
(b)

(設問2)

(a)
(b)
(c)

(設問3)

(a)
(b)

第4問(配点20点)

リスクは中古車の在庫を保有することで①現金の減少、②たな卸資産の増加、により安全性の低下とキャッシュフロー悪化すること。マネジメントは在庫は既存パーツ事業とシナジーある売れ筋とし②多くの在庫を抱えない 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次