R04年度事例4(得点 83点)

第1問(配点25点)

(設問1)

(a) (b)
売上高売上総利益率 59.59%
棚卸資産回転率 33.41回
負債比率 100.34%

(設問2)

①人件費の高さが同業他社に比べて明らかに劣っている。②同業他社に比べて高い人件費となり、売上に対して2倍以上多い従業員数になっていることが主な要因となる。

第2問(配点20点)

(設問1)

(a) 2840000
(b) 製品Aと製品Bの限界利益を求める
限界利益=売上高-変動費
製品A限界利益=7800-1600-2400=3800円
製品B限界利益=10000-800-4800=4400円
時間当たり限界利益をと求める
製品A時間当たり限界利益=3800円÷2時間-=1900円/時間
製品B時間当たり限界利益=4400円÷4時間=1100円/時間
時間当たり限界利益の大きい製品Aを最大量生は販売する。
製品A販売数=3600時間/2時間イコール1800個 製品B販売数=0個
利益=限界利益-固定費=3800円×1800個-4,000,000円=2,840,000円

(設問2)

(a) 2200000
(b) 製品Aの販売個数をx、製品Bの販売個数をyとする。
直接労務時間=2x+4y≦3600時間
直接材料費=4x+2y≦6000kg
この連立方程式をxとyについて解く
X=1400個 y=200個
利益=(3800円×1400個)+(4400円×200個)-4,000,000円=2,200,000円

第3問(配点35点)

(設問1)

(a) 412500
(b) 変動費=2,250円+5,250円=8,250円
業務委託すべき金額=8,250円÷2%=412,500円

(設問2)

(a)
(b) 減価償却費=7,200×0.9×1/15=432万円
(c)

(設問3)

(a)
(b)

第4問(配点20点)

リスクは①為替リスク、③在庫リスクである。マネジメントは①ドル建てのプットオプションの設定、②海外現地の市場調査を行い、精緻な売上予測を立て、在庫管理費の増加、棚卸資産の増加を抑制する。 

苦手科目の克服・アウトプット強化に最適!
「WEBオプションコース」

例えば、事例Ⅳが苦手でAASのノウハウも取り入れて強化したい方「④事例Ⅳマスターコース」を、過去問の学習をより専門的に行いたい方「⑦アウトプット過去問コース」を選択いただくことで、リーズナブルな価格で課題の克服や実力アップを図っていただくことが出来ます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次