令和6年度第1回2次公開模試のお申込み受付中です!(開催日:4月28日・29日、お申込み締切:4月21日)詳細・お申込み

R04年度事例4(得点 59点)

第1問(配点25点)

(設問1)

(a) (b)
たな卸資産回転率 33.41回
売上高総利益率 59.59%
従業員一人当たりの売上高 1952.17万円

(設問2)

劣っている点は、有形固定資産回転率が低く、効率性が悪いことである。要因は、積層造形3Dプリンターを使った事業が売上に貢献していないためである。

第2問(配点20点)

(設問1)

(a) 2,840,000円
(b) 各製品の単位時間当たりの限界利益は、
製品A:1900円/個・h 製品B:1100円/個・h
直接作業時間以外に制約条件がないため、製品Aのみを生産すれば、利益が最大になる。
よって、
製品Aの限界利益:3800円/個
製品Aの生産数:3600/2=1800より
利益額は 3800×1800-4,000,000=2,840,000円

(設問2)

(a) 2,200,000円
(b) 製品Aの生産数をa個、製品Bの生産数をb個とするとそれぞれの制約条件は以下のようになる。
2a+4b≦3600 (直接作業時間)
4a+2b≦6000 (原材料)
0≦a≦6000/4=1500
0≦b≦3600/4=900
上記の条件より、a=1400、b=200の時、利益額は最大になる。
製品Bの限界利益:4400円/個より
3800×1400+4400×200-4,000,000=2,200,000円

第3問(配点35点)

(設問1)

(a) 675,000円
(b) Y台の中古車を買い取る時、中古車価格をx円とすると(0≦Y≦30)
8250×Y+5250×Y=x×0.02×Y
8250+5250=x×0.02
X=675,000

(設問2)

(a) 白紙
(b) 白紙
(c) 白紙

(設問3)

(a) 白紙
(b) 白紙

第4問(配点20点)

リスクは、中古車販売や海外での販売のノウハウがないため、棚卸資産増加で効率性が低下し、売上高低下で収益性が低下する。施策は、①需要の高い車の購入、②商社経由の販路開拓によりリスクを低下させる。 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次