webtanki-title

講座コンセプト

短期合格への近道=「過去問」を重視したカリキュラム!

一般的に資格試験では過去問を攻略することが合格への近道と言われますが、診断士の2次試験においても、過去問の重要性は変わりません。 8月の1次試験終了後から本格的に2次試験対策を行う受験生には、とにかく時間がありません。この短期間で、まずは何に手をつけるべきか。それは「過去問」です。そして、 AASには、2次専門校として10年以上にわたり培ってきた過去問に関するノウハウがあります。

この講座は、
 ①「インプット学習+過去問学習(12事例)」で、2次試験攻略のスキルを身につける
 ②「新作事例問題+添削」(8事例)で、成果と課題の確認を行う
というコンセプトのもとに、カリキュラムが作られています。

AASの2次対策で、ぜひ短期合格を実現してください。応援しています!

 

WEB短期合格コースの特徴

 特徴①  「過去問⇒新作事例」のアウトプット演習!

WEB短期合格コースでは、基本的に科目別に「過去問 ⇒ 新作事例」というサイクルでアウトプット演習を行います。これにより、
  ①過去問を通して科目別の攻略ノウハウを学習し
  ②新作事例で実力を試す
というメリハリをつけた学習を積み重ねていくことができます。
この学習サイクルは、科目別対策の強化にもつながります。

 特徴②  充実の添削システム!

特徴①で述べた過去問と新作事例の学習目的の違いに応じて、AASでは2つの別々の添削システムで添削を行います。過去問については、「青ペン添削」、新作事例については「赤ペン添削(通常の添削)」です。「青ペン添削」は自分で添削し気づきメモを記入するため手間はかかりますが、その分より深くより多くの気づきを得られる学習方法です。過去問をしっかりと自分のものにして頂けます。 

 *添削システムの詳細は、こちらをご参照ください。
 *リーズナブルな「添削無し」のコースを選択して頂くことも可能です。

 

青ペン添削サンプル

青ペン添削サンプル

PDFダウンロード