好評!青ペン添削システム

AASのWEB本科コースでは、過去問事例と新作事例により、2つの別々の添削システムで添削を行います。これは、過去問事例と新作事例で学習の目的が異なるためです。過去問では点数よりも、過去問を通してどんな気づきを得るかが大切です。一方で新作事例は、過去問の勉強で得た気づきやノウハウを試す実践の場になります。そのようなメリハリをつけた学習を行うために、次のような添削システムを採用しています。

web-75

 

web-76

AASの青ペン添削は、WEB講座で受講生と直接話ができないという制約の中で、受講生1人1人の個別課題をどう発見しどうアドバイスしていくか、これを考えた末にたどり着いた独自の添削システムです。
 
このシステムでは、まずは受講生自身が自分の解答について、解答例や採点基準をもとに赤ペン添削を行います。採点者目線で自分の解答を見直すことで、今まで見えていなかった自分の課題や新しい気づきが得られるでしょう。それらの気づきを、赤ペンでどしどし解答用紙に記入してください。

赤ペン添削が終わったら、AASに送付してください。講師が添削内容や気づきメモをチェックして、青ペンでコメントを行います。気づきメモがしっかり書いてあると、講師も的確なアドバイスを行うことができます。
 
自分で添削し気づきメモを記入するため当然手間はかかります。しかし、手間をかけた分だけ、より深くより多くの気づきを得られる学習方法です。2回提出可能ですので、2次試験対策の基本である過去問をしっかりと理解して本試験に臨んでください。

PDF アウトプット演習の進め方 PDFダウンロード
PDF 青ペン添削サンプル PDFダウンロード

※添削答案の提出方法は、「郵送提出」と「メール提出」の2つの方法から選べます。

※リーズナブルな「添削無し」のコースを選択して頂くことも可能です。
 「添削無し」の場合には、青ペン添削・赤ペン添削・採点のサービスがついておりません。