合格者の声

NEW  二度の2次試験不合格によって1次からの再スタートにあたり、1次2次両方の対策として白書対策をしたいと考え受講しました。1次対策では、桝田先生のレジュメ活用により合格点を確保できました。2次対策では、過年度も含めたレジュメで中小企業を取り巻く環境や課題を効率よく学習でき、事例企業のあるべき姿の設定に活用できたと思います。
 白書ミニ事例は、与件分の知識による読み替えやロジカルな解答作成の良い訓練になりました。また他の方の解答や添削のコメント、A評価の方の思考プロセスを共有いただけるため自分の課題発見に役立ちました。最後までA評価を獲得できなかったことは心残りですが(笑)、白書対策講座の受講が合格に繋がったと思います

平成29年度2次試験合格  前川修さん

NEW  受験生時代に本講座の存在を知る前、白書の学習をどう進めるか悩んでおりましたが、本講座のことを知り受講して学習していく中で、下記の効果がありました。
 ・教材学習や音声講義を通じ、複数年度の中小企業白書の内容やポイントを短時間で効率よく理解できた。
 ・教材から2次試験の解答ネタを収集でき、解答作成に役立った。
 ・ミニ事例への取り組みを通じて、講師のアドバイスや他の方の解答の比較により自分の課題を把握できた。
 ・チャット機能を通じて桝田先生に質問ができ回答も早く頂けて、疑問点を速やかに解消できた。
 概して、本講座の教材やしくみをフル活用したことで合格に繋がったと思っています。ありがとうございました。

平成29年度2次試験合格  bear-sanさん

NEW  私は4度目の2次試験挑戦にあたり、白書知識の習得と文章力の向上を目的に本講座を受講しました。毎月課されるミニ事例では、自分の解答に対するアドバイスや解答解説および他の受講生の思考プロセスを参考に理解を深めました。その過程で白書の知識だけでなく読む力・考える力も習得することができました。
 また、解答例や入賞した受講生の解答を参考に自分なりにベストな解答を作成することで文章力の向上を図りました。4度目の挑戦には失敗しましたが、本講座で習得したノウハウを意識しながら学習を続け、5度目に合格することができました。ありがとうございました。

平成29年度2次試験合格  水野節さん

 私は、白書WEB特訓講座の受講で、合格に必要な基礎知識と試験との向き合い方を学べたと思っております。テーマごとに配信される教材は、A4用紙1枚に端的にまとめられていて、携帯してすき間時間に確認をしていました。
白書ミニ事例は、解答解説が論理的でとてもわかりやすかったため、思考手順の定着ができました。毎回のように言われる成長戦略を「製品×市場」で考えることが、身についたとも感じています。また、自分の解答についてコメントをしていただけることは貴重であり、振り返りに役立ちました。

平成28年度2次試験合格  佐々木孝美さん

 多年度受験生として「中小企業白書講座」を過去何度か受講経験がありましたが、桝田コーチ主催の講座は初めてで、随分充実している印象を持ちました。
白書の分析 −>課題 ->取組の流れは、診断 ->課題抽出 ->助言という流れと同じもので、中小企業の成長戦略、マーケティング戦略、具体的取組やミニ事例を通して因果、MECE、フレームワーク等の合格につながる内容が満載の講座であったと感じました。

平成28年度2次試験合格  阪田行保さん

 私は過去の2次試験の失敗を通じ、白書に対する理解や解答の組み立て方に力不足を感じ、本講座を受講しました。受講して良かった点は、
①過去の白書で取り上げられた重要論点を効率よくインプットでき、確認テストを通じて定着が図れる、
②過去数年分の白書ミニ事例を通じて解答の組み立て方が理解できる、
③定期的に宿題が出るので学習のペースを維持しやすい、ことです。
この他、講師に気軽に質問できる環境も良かったです。桝田先生、有難うございました。

平成28年度2次試験合格  山口誠一さん

 本講座の一番の魅力は「白書ミニ事例」でした。理由は、
①毎月配信されるのでペースメーカーになる、
②自分の回答がランキングされるのでモチベーション維持につながる。
③全員の回答と講評を見られるので参考になる(上位者以外の方の回答も気づきが多かった)。
④解説が非常に詳しく論理立てて書かれているので、思考を整理できる。
また「白書重要テーマ」もコンパクトにまとまっているので、白書の論点を整理するに役立ちました。

平成28年度2次試験合格  TOMOさん

 この講座の優れている点は教材がコンパクトな点です。私は教材をタブレットに入れ、通勤途中などの隙間時間に読んだり眺めたりしていました。
それと確認テストです。目で追うだけでは頭の中を素通りする情報も、確認テストを行うことで知識として定着させることができました。
教材に毎日取組むことで分厚い白書の内容がいつの間にか身に着き、本番でも教材が頭に浮かんで解答がとても作り易かったです。大変優れた講座に出会い合格することができました。ありがとうございます。

平成28年度2次試験合格  せんぞうさん

 2次試験は2回目の挑戦でした。
1回目の受験時に、特に事例Ⅰ/Ⅱの解答内容について個人的な思い付き解答をすることが多く、その克服の為に、多く出題される白書の事例内容を知ることが必要と思い受講しました。
課題提出はあまり対応できませんでしたが、事例企業のイメージが色々とつかめたことで、本番試験対応にも余裕が出来たことが合格の一因かと思います。
ありがとうございました。

平成28年度2次試験合格  ユズユズさん

 私は2度目の2次受験でしたので、一次二次の両方に役立つと考え、この講座に申込みました。結果的には、当初の狙いを大きく超えて、一石四鳥の、合格の原動力になる講座でした。
1.2次事例の解答の視点、方向性を習得出来たこと。
2.中小企業経営・政策の準備がこの講座だけで済んだこと。
3.ミニ事例で、AASの「論理の妥当性」思考の根幹を習得できたこと。
4.中小企業白書から国の施策が理解でき、診断士業務に役立つこと。

平成27年度2次試験合格  樹鈴凜さん

 二次試験対策として、主に時事的な知識力と文章力の向上を目的に本講座を受講しました。ミニ事例では、自分の解答のどの点が不十分なのか、どう改善すれば良いのかを丁寧に指導頂けた他、他の受験生の方々の解答・指導結果を共有させて頂いたことも、たいへん参考になりました。また、定期的に送付される白書知識の確認テストは、知識の整理だけでなく、試験までのペースメーカーとしてもありがたかったです。

平成27年度2次試験合格  猫の事務所さん

 私は「中小企業白書WEB特訓講座」で2次試験に立ち向かう基礎力を養うことができたため、ようやく合格にたどり着きました。具体的には、①白書ミニ事例により国語力や理論的記述力が向上して、本試験の80分をより有効に活用することができたから、②教材や確認テストにより白書の知識を効率的に吸収することができたため、行間に見え隠れする事例テーマを的確に認識して一貫性のある答案を構成することができたから、と思います。

平成27年度2次試験合格  三木保志さん

 2次過去問学習をしていると、中小企業白書を元に出題されている事に気づきます。しかし、過去の膨大な白書を自分で学習するのは非効率です。本講座の重要テーマ毎に纏めたレジュメを通勤時間に何度も読み込んだ事で、本試験の事例企業の場面設定が即座に理解できました。例えば、事例1第4問の賃金制度、事例3第4問の技能承継、事例4第4問の取引構造等レジュメの内容からピンポイントに出題された設問もありました。

平成27年度2次試験合格  岸本圭祐さん

 中小企業白書の論点を端的にまとめたレジュメでは、中小企業が抱える課題や目指すべき方向性を効率的に学習したことで、事例テーマを素早く理解できるようになりました。また、白書掲載企業を題材にしたミニ事例では、2次試験で求められる思考プロセスを学習したことで、多面的、複眼的な視点で因果関係のある答案を記述できるようになりました。私は白書WEB講座で、試験当日も通用する「現場対応力」を養えたと思います。

平成27年度2次試験合格  金和英俊さん

 「白書から出題される」と聞き、白書を買って読み始めましたが、内容が多岐にわたるため、うまく整理できずにいました。そんな時、白書講座のことを知り、受講することにしました。課題は数えるほどしか提出することが出来ませんでしたが、白書に出てくる企業がどのような形で問われるのか、イメージがつかめたと思います。設問は基本に忠実でありながら、読解力が必要とされ、本番への実力養成に役立ったと思います。ありがとうございました。

平成27年度2次試験合格  K.S.さん

 中小企業白書は中小企業を取り巻く環境や課題、今後の方向性までもが詰まった大変有益な書籍だということは誰もが感じている通りかと思います。しかし、これらを理解するには複数年の白書を読む必要があります。通常はこの時点で諦めてしまうのですが、白書講座では過去の白書も含め、トピックスを抽出頂き、かつ、わかりやすく提供頂けます。この講座で中小企業の課題や方向性をつかんだことで、2次試験でも解答の方向性を迷わず書くことが出来ました。

平成27年度2次試験合格  村瀬貴之さん

 「中小企業白書WEB特訓」は、中小企業白書を通じ、国が中小企業に対して期待し行っている政策を理解するのに非常に有効でした。試験の解答作成時に、国の考えていることを、解答の方向性を考える羅針盤として持つことで、出題者の想定解答から大きく逸れることがなかったのではないかと考えています。また、ミニ事例の解説・他の方の解答との比較によって、事例の読み方や解答の書き方を改めて強化することができました。

平成27年度2次試験合格  白井克昌さん

 合格の秘訣は、「読む・考える・書く」を出題者の方向性に合わせて実行することです。そのための教材が、『中小企業白書WEB特訓講座』です。昨年受講して「重要テーマ」や「ミニ事例」により、2次試験の解答の方向性である白書の成功事例を効率的に学習できたおかげで、今年の本試験では、設問文と与件文から事例企業の成長戦略と機能別戦略を描けました

平成26年度二次試験合格 井上朋宏さん

 「26年度に白書WEB特訓を受講し、膨大な中小企業白書の中から、今の中小企業の具体的な経営課題や方向性の必要な部分をわかりやすく学べることができました。おかげで試験に大いに役立ちました。僕の場合は、難問とされている事例Ⅲ第4問でテキストに載っていた海外展開の方向性がすぐに頭に浮かび、ミニ事例で鍛えた「読む・考える・書く」力のおかげですらすら書くことができました。

平成26年度二次試験合格 早雲直康さん

 ほぼ毎週配信される教材を読むのと、月1回のミニ事例をこなすだけで手一杯でした。白書に親しみ、ポイントを把握する教材として役に立ちましたし、事例はずっと入賞できず落ち込んでいましたが、最後にA評価をいただいて、少し自信を持って2次試験に臨めました。今年は新たに確認テストも加わり、昨年以上に有用な講座になることと思います。

平成26年度二次試験合格 河野小夜子さん

 

 毎年のように白書から出題されていると思われる設問があり、何年度の白書から出題されるかも分らない中で、「過去の白書を熟読するのか?」との自分への問いかけの答えは、外部資源の活用でした。私の場合は白書講座の受講により、過年度も含めた白書知識の体系的な習得とともに、講座の白書ミニ事例でのトレーニングが大きく役立ったと感じています。白書ミニ事例では30分と短い時間の中で、「読む・考える・書く」の事例を解くために必要となる技能のトレーニングが行えます。そして、解説や他の受講者の解答、解答に対する講師のコメント、評価上位者の思考手順の共有を通して、自分に不足していることへの気付きを得ることができ、大きく合格に近づいたと思っています。

平成26年度二次試験合格 板垣大介さん