チャレンジ要約特訓で鍛えられること

皆さんは次のような問題を感じたことはありませんか?

 ・与件や設問題意を正しく読めない。
 ・事例テーマが読めない。
 ・読み逃しをする。
 ・与件から時間内に情報を探せない。
 ・解答をうまくまとめきれない。
 ・何が言いたいのか判り辛い解答になる。
 ・具体性のない解答になる。
  などなど。

以上のような「読み書き」の問題で苦労している方は結構多く居られます。
これを解決する助けとなるのが「チャレンジ要約特訓」です。

この「チャレンジ要約特訓」は、文章要約の練習です。文章要約は、小学校時代に学校で習いましたね。読み書きの力を鍛える基本的な練習法です。「チャレンジ要約特訓」では、国語の基礎力強化だけでなく、事例で守るべきポイント(与件引用、客観性、具体性、ロジカルな表現等)の要素も加えながら練習していきます。
具体的には次の効果があります。

<チャレンジ要約特訓で鍛えられること>
 ・文章全体の論旨を捉えられるので、事例の全体テーマを捉える練習になる。
 ・文章全体を客観的に読み、まとめるので、思い込みせずに事例を読む練習になる。
 ・筆者の真意をくみ取ろうと一言一句注意深く読むようになるので、事例の文章を注意深く
  読む練習になる。
 ・文章の背景(きっかけ)や必要キーワードを入れてまとめるので、抽象的でなく具体的な
  解答を書く練習になる。
 ・600字余りを40時にまとめるので、言いたいことを短文化する練習になる。
 ・ロジックを意識して書くので、誰が読んでもわかりやすい解答を書く練習になる。

このような効果は、実践しながら徐々に体感していくわけですが、まずは子供の頃に立ち帰り、国語の基本を思い出していきましょう。つづいて読み書きの基礎力を高め、試験への対応力も高めていきましょう。