合格判定合宿へようこそ

AASでは、長年にわたり少人数での指導を行い、中小企業診断士の受験生の合格をお手伝いしてきました。

私どもは、大手の受験予備校ではありません。
少人数制で目の行き届いた、丁寧な受験指導を行うことで、本科講座では、主に下記のような方に合格していただいています。

この合格判定合宿講座では、さらにAASが長年培った合格のノウハウを下記のような方にもお伝えしたいと思います。

何よりも、「今年こそは何とかして合格したいと思っているかた」に、この短期間で、事例演習を本番同様のタイムスケジュールで解いたあとに、 解答解説を行い、AAS流のノウハウをお伝えできる講座をご提供します。
答案は、解いた即日の夜には返却し、添削内容に関してご相談する時間も取ってあります。

なぜ、短期集中講座でも成果が出せるのか?

長年にわたる受験指導の結果、合格する受験生と合格しない受験生の違いの一つは、「気づき」であると感じています。さらに、「気づき」一つで  短期間に、たとえ試験前2週間のタイミングであっても、合格に結び付けることができる、ということも感じてきました。
この合格判定合宿では、休み時間も含めて多くの気づきを得る仕掛けを用意しています。
短期集中講座で成果を出せると考えているのはそのためです。

なぜ、即日返却することが大切なのか?

日頃、添削が返却されるのが遅すぎて答案が返ってくるころには、 どんな問題だったのか、そしてどんなことを考えていたのか  忘れてしまっていませんか?  
そのような答案返却方法では、十分な気づきを得て、 そして解答プロセスとして定着化させるのは難しいと考えています。
また、多くの診断士受験生は、日頃ハードなお仕事をされており、新作事例を解いた後、しばらくして返却されても、十分に復習する時間を取れないのではないでしょうか?
この合宿講座では、問題を解いた当日のうちに答案返却し復習まで行います。  

アンケート結果:
丁寧な解説指導と質疑応答を受けることができ、 充実した時間を過ごすことができました。 直前合宿にも参加させていただきたいです。
丁寧な添削コメントもありがたかったです。

なぜ、添削結果に対して質疑することが大切なのか?

添削指導をしてきた経験上、添削コメントを答案に書いて返却しただけでは、 コメントの意図が十分に伝わっていないのではないかと感じています。 紙に添削コメントを書く限界です。 どんなに、真っ赤になるまで添削をしても、この限界があることだけは認めざるを得ません。 ですから、返却された答案をみていただき、 添削された内容に関して疑問があるところをじっくり質問していただきたいのです。 この合宿講座では、添削結果に対して、個別に質疑応答する時間も十分に用意してあります。

アンケート結果:
大変参考になるの理由 解説が分かりやすく、少人数のため濃密な質疑応答ができたから。

<ご注意>
講座名称には「合宿」とつきますが、実際に宿泊して行う講座ではありません。
合宿のように集中的に学習する講座、という意味合いです。
遠方からのご参加で宿泊が必要な場合は、各自で手配をお願いいたします。
※周辺の宿泊施設は、こちらから検索していただけます。