担当講師からのご挨拶

 こんにちは。AAS神戸アシストゼミを担当する AAS 熱血コーチの石原真一です。
 資格試験において「過去問題は宝の山」です。中小企業診断士第2次筆記試験においても、 宝の山である過去問題を活用する学習で合格を勝ち取るのが近道です。過去問題の視点から、 2次筆記試験を分析すると、各科目の経営戦略と機能別戦略は、次のようになります。

4事例経営戦略機能別戦略
事例Ⅰスピードの経済性で市場の変化に先んじる
ネットワークの経済性で市場の変化に同期化する
組織構造は管理原則から分析・助言する
企業文化は組織の成立要件から分析・助言する
事例Ⅱ標的顧客を市場細分化したうえで
機能的価値と情緒的価値を明らかにする
製品(商品)戦略で標的顧客と出会い
プロモーション戦略で関係性を高める
事例Ⅲ市場軸と製品軸から無形資源を分析したうえで、成長ベクトル(新製品開発・新市場開拓)示す生産戦略の思考の枠組み
「Q・C・D」 × 「設計・調達・作業」
事例Ⅳ与えられた財務諸表の分析から
今後モニタリングすべき経営指標を明らかにする
CF分析・CVP分析・業務的意思決定
戦略的意思決定・不確実性の下の意思決定

 神戸アシストゼミは、2次過去問分析に基づき、石原先生まだ見ぬ平成 30 年度の4事例に対して、 80 分でできる解答手順を作り上げること、そのための気づきを集める講座です。
 「そもそも正し答えはない!論理の妥当性で勝負する」だからこそ、神戸アシストゼミで は、過去問を活用して『設問を正しく読解できる』『与件文を国語で読み取れる』を主眼におき、『妥当な答案を作成できる力』を鍛える場を提供していきます。

pdf-01 30年度 ご案内(神戸) h30-assist-Kobe-guidance.pdf

 参加していただきたい方

     ・過去問を活用して「独自の80分の解答手順」をつくりあげたい方
     ・各受験校の模範解答に納得できずに悶々としている方
     ・学校に縛られず、好きな時に必要な箇所だけ勉強したい方
     ・1次試験の勉強をするため、2次試験の勉強に余り時間をかけられない方
     ・他の受験校に通いながらもAASの考え方を学んでみたい方